沿革

明治

年月日 内容
1889(明治22)年 この年の秋、米価が大暴騰し多くの窮民が町にあふれたので、神戸市内に在住するキリスト信者の有志は、この人々の救済を目的として義援金を募集する。
1890(明治23)年5月23日 神戸市葺合村1954番地に『神戸貧民救済義会』を設立し、行路病者に対する収容保護事業に着手した。会長には吉川亀牧師、実務には矢野彀が当たった。
1893(明治26)年12月9日 初期の目的を果たし、収容者殆どに生業を得させることが出来たので新しい福祉問題に対応するため、神戸市中山手通7丁目番外 21番地に移転。
当時必要にせまられていた孤児の救済に当たることとし、名称を『神戸孤児院』と改め、神戸貧民救済義会 会長 吉川 亀 が初代院長に、矢野彀が実務者に就任した。

初代理事長
矢野彀
1896(明治29)年12月1日 矢野彀が初代理事長並びに2代目院長に就任した。
1899(明治32)年 児童数増加により院舎増築、院内に小学校を設ける。
1900(明治33)年7月 文部省令により院内小学校を廃し児童を通学させる。社団法人の許可を受ける。
1901(明治34)年10月16日 財団法人の許可を受ける。
1906(明治39)年 飢餓の東北より82名の子どもたちを受け入れ、児童総数が179名に増加したため、同中山手7丁目92番地-1に新築移転。
  • 神戸貧民救済議会
  • 神戸孤児院 当時

昭和

年月日 内容
1929(昭和4)年2月4日 矢野彀理事長(院長)永眠。同日2代目理事長(3代目院長)に夫人矢野はつ氏就任。
第2代理事長
矢野はつ
1932(昭和7)年1月1日 救護法による救護施設の認可を受ける。
1933(昭和8)年4月 児童の増加と院舎の老朽のため全院舎改築。
1934(昭和9)年2月1日 矢野はつ理事長(院長)永眠、同日3代目理事長(4代目院長)に水谷愛子就任。
第3代理事長
水谷愛子
1939(昭和14)年5月 神戸孤児院50周年記念誌発行。
1940(昭和15)年8月 母子寮新設。
1941(昭和16)年4月20日 母子保護施設の認可を受ける。
1942(昭和17)年7月20日 『神戸真生塾』と改称。
戦後の米軍戦艦内
にて食事風景
1945(昭和20)年3月17日 育児部戦災により全焼。
1945(昭和20)年6月5日 母子寮戦災により全焼。
1947(昭和22)年7月20日 県有建物移築並びに本館鉄筋コンクリート造の大修繕合計227坪復興。
1948(昭和23)年2月28日 児童福祉法による児童福祉施設認可(養護施設)を受ける。
1948(昭和23)年11月 乳児院建物復興。
昭和50年代 当時
1949(昭和24)12月1日 児童福祉法による乳児院として認可を受ける。
1952(昭和27)年5月17日 社会福祉法人に組織変更。
1980(昭和55)年4月 在宅乳児短期及び一時保護事業を開始。(現在の神戸市子育て支援事業[H6.6より])
1984(昭和59)年9月30日 水谷愛子理事長(施設長)永眠。
第4代理事長
今井鎮雄
1984(昭和59)年10月1日 4代目理事長(施設長代行)に今井鎮雄就任。
1985(昭和60)年4月1日 5代目施設長に阿倍律就任。
1986(昭和61)年5月2日 6代目施設長に山村重子就任。
  • 昭和9年5月の風景
  • 昭和30年代 当時

平成

年月日 内容
1990(平成2)年10月~11月 創立100周年記念式典・シンポジウム開催。
1995(平成7)年1月 阪神・淡路大震災により半壊と判定される。
1999(平成11)年6月1日 7代目児童養護施設施設長に小前千春就任。山村重子乳児院施設長専任。
120年の歩み
2001(平成13)年4月1日 7代目乳児院施設長を小前千春が兼務。
2003(平成15)年4月1日 8代目児童養護施設施設長に富川和彦就任。8代目乳児院施設長に綿谷栄子就任。
2003(平成15)年5月24日 建替新築工事竣工式典開催。
2005(平成17)年4月1日 児童福祉法による児童家庭支援センターの認可を受ける。(児童養護施設併設型)
現在の風景
2007(平成19)年4月1日 保育所 真生きらきら保育園開設。園長に上杉徹就任。
2010(平成22)年4月~5月 創立120周年記念シンポジウム・創立記念日・音楽会開催。
2010(平成22)年5月18日 5代目理事長に富川直彦就任。
2013(平成25)年4月1日 9代目乳児院施設長に數田紀久子就任。
  • 建替新築工事竣工式典
  • 創立120周年記念シンポジウム
ページの先頭に戻る