• ホーム
  • 社会福祉法人 神戸真生塾について

社会福祉法人 神戸真生塾について

標語(理念)

さて、イエスは通りすがりに、生まれつき目の見えない人を見かけられた。
弟子たちがイエスに尋ねた。
「ラビ、この人が生まれつき目が見えないのは、だれが罪を犯したからですか。
 本人ですか。それとも、両親ですか。」
イエスはお答になった。
「本人が罪を犯したからでも、両親が罪を犯したからでもない。
 神の業がこの人に現れるためである。」
新約聖書 ヨハネの福音書第9章1節~3節

目的

キリスト教精神に基づき福祉サービスを必要とする者が、心身ともに健やかに育成され、又は社会、経済、文化その他あらゆる分野の活動に参加する機会を与えられるとともに、その環境、年齢及び心身の状況に応じ、地域において必要な福祉サービスを総合的に提供されるように援助することを目的としている。

基本事業方針

  1. 児童が明るく暖かい家庭的な生活を通して心身共にすこやかな成長を支援し、自律心 を培う。
  2. 児童の健全育成のために家庭と教育、保健、医療などの社会資源との調整を図り早期 の家庭復帰と社会的自立を支援する。
  3. 地域の人々と共に福祉を考え、子どもたちの生活空間と夢を拡げる。
  4. 質が高く、多様なサービスを提供する。
  5. 積極的に情報公開を行い、地域社会の福祉向上に貢献する。

実施事業

(1)第一種社会福祉事業

(2)第二種社会福祉事業

ページの先頭に戻る